現在のページ

  1. ホーム
  2. エリア情報
  3. 桜の名所 醍醐寺

エリア情報

桜の名所 醍醐寺
2012年4月10日

桜の名所 醍醐寺

「花の醍醐」と呼ばれる桜の名所。
しだれ桜、ソメイヨシノ、八重桜、
山桜、河津桜といった約1000本の桜が、
早咲きの河津桜を皮切りに順々に咲きます。
時期をずらして咲くので長い期間、
花見を楽しめるのが魅力ですね。
京都が都だった、平安時代、
貴族達は酒や肴を携えて花を見ながら歌を詠みました。
その花は桜ではなく梅や桃だったそうです。
豊臣秀吉の「醍醐の花見」を庶民が噂に知り、
広まったと言われています。
その「醍醐の桜」があるのが醍醐寺に咲く桜です。
醍醐山全体がお寺なのですが、総門を入ると桜並木が続きます。
秀吉は醍醐寺の三宝院の景観をことのほか愛し、
春になるとここで観桜の宴を開いたそうです。
桜並木は秀吉が醍醐の花見のために近隣諸国から取り寄せた桜、
700本を移植したのが始まりと言われています。
秀吉から日本人の桜好きが始まったと言っても過言ではないでしょう。
秀吉が見ていた桜を後世の私たちが見ているのもなんだか不思議な気持ちです。
京都にはまだまだ色んなエピソードがあり、桜を楽しみながら色んな場所を歩いてみたいですね。

一覧へ戻る

株式会社 京都資産管理

まずはお気軽にお問い合わせください!

無料通話
0120-761-602
 
営業時間
AM9:30~PM7:00
定休日
毎週水曜、第2・第3日曜

お問い合わせはこちら

  • マンションオーナー様へ
  • スタッフブログ
  • 用語集

お部屋探しから入居までの流れ

笑顔でお迎えサービス

トップへ戻る


制作・著作

©2010 京都資産管理. All Rights Reserved.  Produced by