現在のページ

  1. ホーム
  2. よくある質問
  3. 契約のとき、実印の捺印や印鑑登録証明書・住民票がどうして必要なのですか?

よくある質問

契約のとき、実印の捺印や印鑑登録証明書・住民票がどうして必要なのですか?

不動産の賃貸借・売買契約書に捺印する際には、印鑑登録証明書の提出が要求されることが多いです。なぜ、実印と共に印鑑登録証明書の提出が要求されるのでしょうか?
まず、実印とは、個人の場合は、住民登録してある市町村役場や区役所に自分の印として登録している印をいいます。
そして、印鑑登録証明書は、印鑑登録している区役所等に申請し、交付してもらいます。
では、なぜ印鑑証明書が必要なのでしょうか?
まず、印鑑証明書は本人以外が入手することは不可能に近く、しかも印鑑証明書の印鑑に適合する実印を所持する者が、その印鑑証明書に記載されている住所、氏名の人物であると確認できるからです。

京都の賃貸なら京都賃貸マネージメント

株式会社 京都資産管理

まずはお気軽にお問い合わせください!

無料通話
0120-761-602
 
営業時間
AM9:30~PM7:00
定休日
毎週水曜、第2・第3日曜

お問い合わせはこちら

  • マンションオーナー様へ
  • スタッフブログ
  • 用語集

最新エリア情報


お部屋探しから入居までの流れ

笑顔でお迎えサービス

トップへ戻る


制作・著作

©2010 京都資産管理. All Rights Reserved.  Produced by