現在のページ

  1. ホーム
  2. よくある質問
  3. 転勤になりました。その期間だけマンションを借り手もらうことが出来るでしょうか?

よくある質問

転勤になりました。その期間だけマンションを借り手もらうことが出来るでしょうか?

定期借家契約という契約方法があるので大丈夫です。

これは何年何月何日から何年何月何日までの間だけにかぎり賃貸借契約をします。
借入の期間、家賃・保証金・礼金などの条件を書面に記載して契約するとともに、決められた期間の満了により賃貸借契約は終了することを明記し、更新しない旨を契約書に記載する事が必要となります。
その上、借主が更新しない事の説明を受け了承した上で契約書に署名捺印する事が必須になります。
従来から行われている普通賃貸借では当初、期間を定めて賃貸借契約をしますが期間の終了で借主に解約の意思の無いとき、よほどの事情がある場合を除き自動更新される可能性を考えますと、今回の転勤中の賃貸は普通賃貸借ではなく、定期賃貸借を進めたいところです。期間を限定しての定期賃貸借は相当に厳密な取り決めと借主の充分な了解意思の確認が大切になりますので経験豊富な不動産業者に仲介依頼されることが安全につながるものと思います。

最近、この契約を利用して転勤留守宅というネーミングでよく使用されています。
ただし、デメリットとして通常の物件に比べて家賃などを1割程度は下げないと借り手はなかなか見つかりません。

京都の賃貸なら京都賃貸マネージメント

株式会社 京都資産管理

まずはお気軽にお問い合わせください!

無料通話
0120-761-602
 
営業時間
AM9:30~PM7:00
定休日
毎週水曜、第2・第3日曜

お問い合わせはこちら

  • マンションオーナー様へ
  • スタッフブログ
  • 用語集

最新エリア情報


お部屋探しから入居までの流れ

笑顔でお迎えサービス

トップへ戻る


制作・著作

©2010 京都資産管理. All Rights Reserved.  Produced by